女の人

肌のくすみ老けて見られる|肌の保湿で潤いを取り戻す

くすんでいる悩み

化粧水

産毛が原因である

年齢を重ねると、肌のくすみで悩んでいるという人は多くなります。そもそもくすみとは、肌に潤いがなく、透明感のない状態のことです。年をとっているように見えるので、くすみを解消したいと考えている女性は多いです。くすみの原因は色々とありますが、顔の産毛も原因のひとつとして挙げられます。顔に産毛が有ると、肌がひときわ暗く見えてしまうのです。産毛はあまり生えてないように見えても、処理すると多くの量が生えていることが分ります。そのため、いったん処理すると、肌がとても明るくきれいになります。また、産毛を処理すると、化粧水や美容液などの浸透がよくなります。そのため、肌の再生が良くなり、くすみの原因の角質をスムーズに除去する効果も得られます。

お手入れの方法

肌のくすみの原因として、顔の産毛が考えられます。そこで、ここではくすみを解消するための正しい産毛の処理方法をお教えします。まずは、皮膚へのダメージを抑えるためにクリームをたっぷり塗ります。その後、皮膚を軽く引っ張りながら、産毛が生えている流れに沿って剃っていきます。産毛を剃る順番は、まずは額、頬、鼻の下、そして最後は顎と剃っていきます。最後まで綺麗に剃れたら、濡れタオルで処理した産毛を優しく拭き取ります。産毛を処理した後は、いつも以上に肌が乾燥しやすくなっています。なので、化粧水、乳液での保湿ケアは欠かせないといえます。化粧水で時間をかけてケアをすれば、肌を鎮静化させてたっぷり潤いを補給できます。